上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と、いうワケでりにゃさんが麻雀の話(初心者編) をしていたので
特に意味もなく、不肖ながら自分がもう一つだけ上のレベルになるための話をします

さらに上のレベルになるための話はまた誰かがしてくると勝手に信じながら♪(笑
りにゃさんが麻雀をやるのに必要な最低限の知識を
過不足なく嬉々として綺麗にまとめて話しておられたので
そちらを既読の方はなんとなく麻雀がどんなゲームか分かっておられると思います。


そして役を覚えたならハンゲとかに一人麻雀でのんびり取り合えず組んでみるのがオススメ。
制限時間もないのでのんびりゆっくり、一つ一つ役を作ってみてくださぃ★


これを繰り返していくと
作りやすい役、作りにくい役が分かり始めて
そのうち配牌(最初に配られた牌)からどの手が一番近いかが分かってきます

そしてそれをまっすぐ目指して~
いぃ感じに牌を引けたらなおよし。とかそんなもんだと思います

この作業自体は麻雀が本当に上手い人もやってるコトは同じです
じゃあどこに差が出るか? と言われれば間違いなく“防御”これに尽きます

ですので防御についてのお話なのですが
その前に基本的には上手い人も下手な人も
真っ直ぐ3・3・3・3・2の形の完成を目指す
ので、そこでどういうコトが起こるか、をまず。


麻雀は簡単に言うと
“効率のいぃコト、確立のいぃコトをしていれば
長い目で見れば勝ちの方が多くなるんじゃね?”

とか、そんな感じのゲームです
その瞬間の勝敗だけなら結局は運。でもある程度技術でカバーできるよ! よ! と。


そのためにまず牌の効率のお話。



「④④」と持っている場合、④を引けばいいので残り2枚
「①②」と持っている場合、③を引けばいいので残り4枚
「①③」と持っている場合、②を引けばいいので残り4枚
「④⑥」と持っている場合、⑤を引けばいいので残り4枚
「⑤⑥」と持っている場合、④⑦を引けばいいので残り8枚

どれも欲するものがまだ捨てらていない場合ですが
これだけならほとんどの人が理解できます

ちなみに一番下の待ち方をリャンメンと言います。
これは非常によく使う単語かつ基本なので覚えましょう♪



ここからもう少しだけ考えます
リャンメンではない上4種類、どれが一番効率がいいでしょうか?


ョ(´ω`*)ョ )つ ・・・シンキングタイム・・・


※解答

例えば「④⑥」と持っている場合、③⑦を引けば「③④か⑥⑦」という持ち方に変化ができますね
残り4枚の待ちからリャンメンの8枚待ちに変化できるワケです♪
よって、⑤を引ければベストなのですが、③⑦でもなかなかいぃ。
つまり引きたい牌は12枚残っています


「①③」と持っていれば、④を引くことで「③④」となりこれもまた②⑤のリャンメンで待つコトができるようになります。
②を引けばベスト、④でもいぃ感じ~。というコトで8枚


「①②」と持っていればどうなるか?
③を引くしかないでしょうか?
いえいえ、④を引いてもいぃのです
②-④で待っていれば⑤を引ける可能性も出てきます
でも他と比べてワンテンポ遅いのは明らかですね、確立もあまりよろしくありません


最後に一番上「④④」と持っている場合
③⑤を引けばリャンメンになります
④を引けばベストなのですが、2枚しか残っていないので合わせて10枚


と、言うワケで、上に上げた例で纏めると効率いぃ順に
「⑤⑥」>「④⑥」>「①③」>「①②」という待ち方になります


(*´ω`*)ノ 先生、「④④」は~?

という意見が当然出てくるでしょう
残りの牌の数だけなら3番目に入るはずなのですが
この場合は他に持っている牌の状態(手がほとんど完成していてアタマに使う、とか)と
鳴きやすさがあるので同時に考えるのは難しいです


また、③⑤という間の開いた待ち方をカンチャンと言うのですが
②④、⑥⑧などと持っている場合は少し事情が異なります

(*`・ω・*)なんでかは考えればすぐ分かりますよね?
ですがこういうのを考えてみる、という行為そのものが麻雀が上手くなるために大事だと思うので
その理由は言いません(笑



さて、まだまだ続きます・・・


もう少し発展して③⑤⑦と持っていればどうでしょうか?
この飛び飛びの
(`曲´ #)「なんで間が来ねぇんだョ!」
みたいな状態には以外と頻繁になったりします

これは④⑥で1つの組みが完成
②⑧でもリャンメンへと変化します
つまりけっこう優秀な待ち方なのですが
中盤以降もこの形を持っていると後々苦しいコトになる場合が多々あります


そして手作りに関してはこれが最後

①④と持っている場合、もう1枚①でも引かない限りこの①には意味がありません
②を引けば①②になる。のですが②④の待ち方のが優秀なのはさっき述べました
さっさと切ってしまってもいぃ牌です。

つまり①②④、⑥⑦⑨と持っている場合
①⑨はやっぱりいらない牌になります、こっちの方が分かりやすいですね★


(*`・ω・*)さてさて、こんなもんなんとなく分かるコトなのですが
これをちゃんと実践していれば分かっていない初心者よりは明らかに手が早く、広くなります

(*ノ ∇ `*)これで初心者の上の方・・・かもしれない♪(笑





(*´・ω・`)=3 さてさて、長くて大変だとは思いますが
ここからがもっと長くて大変です★(笑


大事な大事な防御について

麻雀にはフリテン、というルールがあり
自分が1度捨てた牌でロンするコトはできません

つまりテンパっている(あと1枚で完成する)人の捨て牌と同じ物を出す
これは100%安全なのですが、ずっとこんな都合のいぃコトは起こりません
大概はどこかで安全な牌が無くなります

まずテンパっているかどうかを察知するコトが大事で
ツモ切りかどうか・・・でけっこう分かりやすいのですが
ハンゲームで麻雀をするとツモ切りかどうかが分かりません

それなのにいちいち捨て牌を見てテンパってるかどうか考えてると
自分の持ち時間がどんどん無くなるので

簡単に、まず12枚捨てる頃(捨て牌が2列になる)にはけっこう高確率で誰か1人ぐらいはテンパるのと
初めは丁寧に1,9字牌を捨てていたのに3~7あたりの真ん中あたりをぽんぽん捨てだしたら怪しんでいぃですが

ヽ(*´∀`*)ノまぁぶっちゃけハンゲじゃ分かりません☆(笑

のでリーチされたときを考えます


ちなみに実践なら4~6あたりをツモ切りしたら疑ってください
その後になんでか手牌から字牌や1,9などの使いにくい牌が出たらもぅテンパってるもんだと思って
捨て牌を決めても悪くはないと思います


さて、リーチされた場合ですが
その前にどうすればリーチができるか?

例えば③-⑤と持っていて④がくれば完成!
でリーチするでしょうか?

(*´・ω・`)普通はしませんね、②⑥を引いてリャンメンになる可能性があるので
そこでリーチをかけるのが普通です、④引いちゃったらツモでいぃし


なら③単騎(③③のアタマができれば完成)でリーチ!
これはどうでしょう?

これも微妙です。
もっと使いにくくて、捨ててしまいそうな物で待つべきです(字牌や1,9等)
それらを引くまで待って、③を捨ててからリーチや、

②④を引いて、どこか3枚同じのがある牌を1枚捨ててそれを頭にしてリャンメンでリーチ!
というのがやはり確立的にも普通だったりします


つまり、
基本的にリーチする
=勝算があるorこれ以上待ちがよくならない


こういう状態を意味します
“基本的に”と言ったのは別の理由のときもあり

プレッシャーを与えて組みにくくする
現状じゃ役がなくてリーチのみでもいぃからさっさと上がりたい

というケースがあります。


さてさて、それともう1つ
捨て牌からじゃ読めない。こんな場合もリーチするかもしれません

③③発発

とかね。この場合発はもちろん、特に④がたくさん捨てられていたり、
自分が⑥を捨てていたりすると目暗ましになって③でも勝機はあります


もぅこの場合は考えても仕方ないので防御のしようもありませんが
ここで大事なのはさらっと言った

「自分が⑥を捨てていたりすると目暗ましになって③でも勝機はあります」

フリテン、という自分が捨てた牌でアガれない
というルールはリャンメンの場合反対側にも適用されてしまいます

③を捨てたのに④⑤と持っていると
③はもちろん、誰かが⑥を捨ててもロンできません

これを“スジ”と言い、これを意識するとけっこうロンされなくなります
それほどリャンメンの待ち方は基本かつ、起こりやすいというコトですね

気をつけるべきなのは
③を捨てているからといって⑥が安全とは限らないコトです

q(-`ε´-;)p ⑦⑧と相手が持っている可能性がありますからね・・・

ですが⑥を捨てていると③はまぁ比較的安全です
①②と持っている可能性もあるのですが、
待ちとしては優秀ではないのでリーチはかけない場合可能性が高め
というコトです

まとめると

①を捨てていると②③と待てない、から④・・・は⑤⑥があるのでそうでもない
②を捨てていると③④と待てない、から⑤・・・は⑥⑦があるのでそうでもない
③を捨てていると④⑤と待てない、から⑥・・・は⑦⑧があるのでそうでもない
④を捨てていると②③、⑤⑥と待てないので①⑦は比較的安全
⑤を捨てていると③④、⑥⑦と待てないので②⑧は比較的安全
⑥を捨てていると④⑤、⑦⑧と待てないので③⑨は比較的安全
⑦を捨てていると⑤⑥と待てない、から④・・・は②③があるのでそうでもない
⑧を捨てていると⑥⑦と待てない、から⑤・・・は③④があるのでそうでもない
⑨を捨てていると⑦⑧と待てない、から⑥・・・は④⑤があるのでそうでもない


(*ノ ∇ `*)あれぇ? 真ん中しか残らなかったョ?
つまりそういうコトです、真ん中3つだけ適用すればいぃので覚えるのは比較的楽

ですが全部の考え方覚えていると

②を捨てているから⑤・・・は⑥⑦があるけど
⑦は4枚もう捨てられているから比較的安全だな。

とかまで考えるコトができます

ここまでできたらロンを避けるのが相当上手くなって上級者の手前まで届くんじゃないでしょうか?
・゚・(ノω;`)・゚・自分はこんなにハンゲじゃ考えられません、制限時間が・・・(笑


さて、ここで勘のいぃ人なら気付くかもしれません

⑦が4枚捨てられてるなら⑥⑦、⑦⑧という待ちもできないから
⑤はダメだけど⑨はまぁ安全なんじゃないか?


(*´∀`*)この考え方を“カベ”と言います
自分が3枚持ってて場に1枚捨てられている、とかはけっこう起こりうるので
これも覚えるとけっこうロンされにくくなります

これも簡単にまとめますが説明はちょっと端折るので自分で考えてみてください

②が4枚見えているなら②③で待てないので①は安全
③が4枚見えているなら②③、③④で待てないので①②は安全
④が4枚見えているなら③④、④⑤で待てないので②③は安全
⑤が4枚見えているなら④⑤、⑤⑥で待てないので③⑦は安全
⑥が4枚見えているなら⑤⑥、⑥⑦で待てないので⑦⑧は安全
⑦が4枚見えているなら⑥⑦、⑦⑧で待てないので⑧⑨は安全
⑧が4枚見えているなら⑦⑧で待てないので⑨は安全

ちょっと覚えにくいかもしれません
①~⑨という数字が並んでいると思って、⑤が中心だと思って
「⑤が4枚は③-⑦! それ以外はその数字より外側2つ!」
こんなもんでいぃと思います(笑



それともう一つ、
④のスジは①-⑦
⑤のスジは②-⑧
⑥のスジは③-⑨
と言いました

これはリーチした人が捨てた牌だけでなく
リーチされた後に別の人が捨てた牌にも当てはまります

隣の人が④を捨ててロンされていなければ
①⑦もわりと安全、というコトです


この2つを考えていればリャンメンならばほぼロンされなくなります

ョ(´ω`*)ョ )つ これ以外にも裏スジ、だとか危険牌を察知する方法があるのですが
そんなコト考えなくても上の2つに当てはまらないのは全て危険牌だという意識でやれば大丈夫です

どうしても危険だと分かっていても捨てなければならない場合は
より危険な牌を知る方法として裏スジや間4件、跨ぎ筋を知っておけばリスクを少しは減らせますね★


などど色々書きましたが
ヾ(´▽`@)ノ この知識を総動員してもやっぱロンはされます(笑

この考え方はリャンメン以外の待ちには全くの無力です


特にリーチした人の自風でも場風でもない風牌で待たれたりしたらそうそう察知できるもんでもありません
怪しいかも? と思ってもそれを引いてしまうと
どうしても役にしにくくなるコトが多く
「捨てたいし、案外大丈夫・・・かも?」と捨ててしまうコトもけっこうあります
よほど終盤じゃない限り自分に関係の無い風牌や、
1,2枚捨てられている字牌は捨ててしまうでしょう。

さっき述べた

③③発発

みたいな待ち方をシャボ待ちと言い

シャボ待ちや単騎待ちは考えてもなかなか分かるもんではない。
ですので結局は、

テンパっている人の捨て牌と同じ物を捨てる
自分の前の番の人が捨てた牌と同じ牌を捨てる


これがやっぱ基本です
麻雀ってのはテンパれるけどなかなかアガれないゲーム
ロンされないコトが大事なゲーム
そう思ってかなり翻数の高そうな手ができていても
ロンされる可能性があるのなら逃げる

ョ(´ω`*)ョ )つ これが難しいのです、人間やっぱ欲は出るし
どこから逃げ始めるかは個人の裁量ですしね☆



ぁ~~~~~長かった。
(*´艸`)まぁ半分以上は自分がちゃんと麻雀をやるために書いたのですよ、文章にすると覚えやすいしね~♪


リーチされてから相手の捨て牌を見ていると遅いので
普段から相手の捨て牌を見るようにしましょう
もちろん相手の捨て牌全ては覚えられないでしょうが、
後半で考える速度が間違いなくあがります。

地味だけど防御の上手い、下手はそこに出るんじゃないかなぁ、とか思ったり☆


さて、りにゃさんと違って
過不足ありまくりでまったく整然とできずにまとめました。

・゚・(ノω;`)・゚・ 長文で疲れたから許してっ(笑

ぶっちゃけそこら辺のサイトを見た方が図解とかあって分かりやすいかと思います・・・Orz
Secret

TrackBackURL
→http://mhfblog666.blog105.fc2.com/tb.php/219-b19e38ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。